郵便ポスト

作成方法も簡単で宣伝効果も高い圧着ハガキは一押しの広告ツール

● サイトマップ ●

めくりたくなる心理で広告郵便を見てもらう確率UP

ハガキ

広告郵便というと1枚のはがきサイズのDMがほとんどだと思います。同じサイズのDMが何枚か届いたとき、すぐ読める時間があればいいですが、忙しいとまとめて束にしてしまうことがあると思います。改めて後から読んでみようと思っても、読む時間を少しでも時間を短縮するため、普通のはがきであれば表と裏をサッと読み、特別気になるような内容がなければ、そのまま次のものへと移っていきます。
しかし、圧着ハガキの場合は、見つけるとどうしてもめくりたくなりませんか?内容がどんなものかを気にするよりもめくりたくなる衝動にかられ、めくってからも少し内容を眺めることが多いと思います。はがきの外側に書かれている内容に興味があるかどうかは別として、とりあえずめくってみたくなります。
外側に書かれている内容に興味を引かれなかったとしても、何気なくめくってみた中側の方に興味のある内容があるかもしれません。こういった受け取り側の心理を突くのは、広告郵便の有効的・効果的な使い方だと思います。
普通のはがきと比べると、印刷や圧着など特殊な技術が必要いなるので専門業者に依頼しなければなりませんが、そういった手間やコスト以上に、圧着ハガキを使った方がその他の広告郵便よりも受け取った人に読んでもらえる可能性が高いのではないかと思います。

● 注目記事 ●

TOP